Pat
J-GLOBAL ID:200903004380439361

カラ-写真ハロゲン化銀材料

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小田島 平吉 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999300445
Publication number (International publication number):2000137315
Application date: Oct. 22, 1999
Publication date: May. 16, 2000
Summary:
【要約】【課題】 レーザー露出された時の高い色濃度及びインテグラル露出された時の露出時間に無関係なコントラストにより傑出しているデジタル露出及びインテグラル露出の両方のための材料を提供することである。【解決手段】 支持体ならびに少なくとも1種のイエローカプラーを含有する少なくとも1つの青-感性ハロゲン化銀乳剤層、少なくとも1種のマゼンタカプラーを含有する少なくとも1つの緑-感性ハロゲン化銀乳剤層及び少なくとも1種のシアンカプラーを含有する少なくとも1つの赤-感性ハロゲン化銀乳剤層を有し、そのハロゲン化銀の少なくとも95モル%がAgClから成り、少なくとも1つのハロゲン化銀乳剤層がアナログ露出されるとソラリゼーションを示すことを特徴とするネガティブに現像されるカラー写真ハロゲン化銀材料は、走査露出された時の高い色濃度及びアナログ露出された時の露出時間に無関係なコントラストにより傑出している。
Claim (excerpt):
支持体ならびに少なくとも1種のイエローカプラーを含有する少なくとも1つの青-感性ハロゲン化銀乳剤層、少なくとも1種のマゼンタカプラーを含有する少なくとも1つの緑-感性ハロゲン化銀乳剤層及び少なくとも1種のシアンカプラーを含有する少なくとも1つの赤-感性ハロゲン化銀乳剤層を有し、そのハロゲン化銀の少なくとも95モル%がAgClから成り、少なくとも1つのハロゲン化銀乳剤層がアナログ露出されるとソラリゼーションを示すことを特徴とするネガティブに現像されるカラー写真ハロゲン化銀材料。
IPC (2):
G03C 5/08 ,  G03C 1/035
FI (2):
G03C 5/08 ,  G03C 1/035 C

Return to Previous Page