Pat
J-GLOBAL ID:200903004403387100

リレーベースのセルラ構成におけるリソース割当方法及び装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (4): 三好 秀和 ,  伊藤 正和 ,  高橋 俊一 ,  伊藤 市太郎
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007000273
Publication number (International publication number):2007184940
Application date: Jan. 04, 2007
Publication date: Jul. 19, 2007
Summary:
【課題】本発明は空間の独立性によってもたらされ得るリソース割当ゲインを有効に利用し、これにより、システムのスループット及びチャネル利用率を増大させる。【解決手段】本発明に係るリレーベースのセルラ構成におけるリソース割当方法は、ネットワークにアクセスしている移動端末が、基地局及びネットワーク内リレー局からの報知情報をモニターして自分が一ホップユーザであるかそれとも二ホップユーザであるかを判断して、二ホップユーザであれば自分がどのリレー局のカバレッジに属するかを更に判断し、且つ自分の所属するリレー局情報を当該リレー局経由で基地局にフィードバックすることと、前記基地局が、現在の移動端末にチャネルを割当てることと、その後、前記基地局及び前記移動端末が、割当てられたチャネルを用いて当該移動端末の所属するリレー局を経由してデータ伝送を行うこととを含む。【選択図】図7
Claim 1:
リレーベースのセルラ構成におけるリソース割当方法であって、 ネットワークにアクセスしている移動端末が、基地局及びネットワーク内全てのリレー局からの報知情報をモニターして自分が一ホップユーザであるかそれとも二ホップユーザであるかを判断して、自分が二ホップユーザであると判断すれば、受信された報知情報に基づいて自分がどのリレー局のカバレッジに属するかを判断し、且つ自分の所属するリレー局情報を当該リレー局を経由して基地局にフィードバックするステップaと、 前記基地局が、現在の移動端末にリソース割当準則に基づいてチャネルを割当て、且つ割当てたチャネルを当該移動端末の所属するリレー局を経由して前記移動端末に指示するステップbと、 前記基地局及び前記移動端末が、割当てられたチャネルを用いてデータ伝送を行うステップcと を含むことを特徴とするこの方法。
IPC (3):
H04L 12/28 ,  H04B 7/24 ,  H04Q 7/36
FI (3):
H04L12/28 300B ,  H04B7/24 A ,  H04B7/26 105D
F-Term (23):
5K033AA01 ,  5K033CA11 ,  5K033DA19 ,  5K033DB18 ,  5K067AA21 ,  5K067BB21 ,  5K067DD11 ,  5K067DD23 ,  5K067DD24 ,  5K067DD27 ,  5K067DD34 ,  5K067DD51 ,  5K067EE02 ,  5K067EE03 ,  5K067EE06 ,  5K067EE10 ,  5K067EE25 ,  5K067FF02 ,  5K067HH17 ,  5K067HH22 ,  5K067JJ11 ,  5K067JJ21 ,  5K067JJ31
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page