Pat
J-GLOBAL ID:200903004408055963

チタンまたはチタン合金精密鋳造用鋳型材料およびそれを用いた鋳造品

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 渡辺 望稔 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992123459
Publication number (International publication number):1993318020
Application date: May. 15, 1992
Publication date: Dec. 03, 1993
Summary:
【要約】【目的】鋳造時に必要とする硬さおよび厚さを備え、表面に割れのない表面を有する鋳造品およびそのフェースコートスラリーの提供。【構成】希土類酸化物粉と、アルミナ、シリカ、チタニアまたはジルコニアの内の1種の水性ゾル添加による金属酸化物と、前記水性ゾルに使用した金属酸化物以外のアルミナ、シリカ、チタニアまたはジルコニアの内の少なくとも1種の粉体金属酸化物との混合物スラリーを用いたTiまたはTi合金精密鋳造用鋳型材料およびその合金精密鋳造品を提供する。
Claim (excerpt):
鋳型の表面被覆剤として、希土類酸化物粉(分子量;m〔g/mol〕)αモルに対し、水性SiO2 ゾルの添加によるSiO2 (分子量;60.08g/mol)βモルと、アルミナ粉(分子量;101.96g/mol)xモル、ジルコニア粉(分子量;123.22g/mol)yモル、チタニア粉(分子量;79.90g/mol)zモルの三種のうちから選ばれた少なくとも1種以上の添加酸化物とを含有する混合物スラリーであって、下記式(1) 〜(3) の関係5 /100 ≦60.08 β/(mα+101.96x+123.22y+79.90 z)... 式(1)1/100 ≦(101.96 x+123.22y+79.90 z)/(m α)... 式(2) α≧3/5x+2/3y+z+β... 式(3) を満たすことを特徴とするTiまたはTi合金精密鋳造用鋳型材料。
IPC (6):
B22C 3/00 ,  C04B 35/10 ,  C04B 35/14 ,  C04B 35/46 ,  C04B 35/48 ,  C04B 35/50

Return to Previous Page