Pat
J-GLOBAL ID:200903004428137141

追記型光記録媒体およびその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 杉浦 正知
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005337816
Publication number (International publication number):2007141420
Application date: Nov. 22, 2005
Publication date: Jun. 07, 2007
Summary:
【課題】無機記録膜を有する追記型光記録媒体において、無機記録膜の膜総数を少なくし、且つ、記録感度を向上することができるようにする。 【解決手段】追記型光記録媒体10が無機記録膜6を有し、無機記録膜6が、ゲルマニウムの酸化物からなる酸化物膜3と、酸化物膜と隣接する金属膜2とを備える。金属膜2が、チタンおよびシリコンからなる第1の金属膜2aと、第1の金属膜2aとは組成が異なるチタンおよびシリコンからなる第2の金属膜2bとを備え、これらの金属膜のうち第2の金属膜2bが酸化物膜3側となるように設けられる。第1の金属膜2a、第2の金属膜2bの組成をそれぞれTiSix、TiSiyと表した場合、TiSix、TiSiyがx Claim (excerpt):
無機記録膜を有する追記型光記録媒体であって、 上記無機記録膜が、 ゲルマニウムの酸化物からなる酸化物膜と、 上記酸化物膜に隣接する隣接膜と を備え、 上記隣接膜が、 チタンおよびシリコンからなる第1の隣接膜と、 上記第1の隣接膜とは組成が異なるチタンおよびシリコンからなる第2の隣接膜と を備え、 上記第1および第2の隣接膜のうち第2の隣接膜が酸化物膜側となるように設けられ、 上記第1および第2の隣接膜の組成をそれぞれTiSix、TiSiyと表した場合、上記TiSix、TiSiyがx IPC (4):
G11B 7/24 ,  G11B 7/243 ,  G11B 7/26 ,  G11B 7/004
FI (7):
G11B7/24 522D ,  G11B7/24 522F ,  G11B7/24 511 ,  G11B7/26 531 ,  G11B7/24 522R ,  G11B7/24 571B ,  G11B7/0045 Z
F-Term (16):
5D029JA01 ,  5D029JB03 ,  5D029JB05 ,  5D029JB16 ,  5D029JB35 ,  5D029JB36 ,  5D029PA03 ,  5D090AA01 ,  5D090BB03 ,  5D090CC01 ,  5D090DD02 ,  5D090GG36 ,  5D121AA01 ,  5D121EE01 ,  5D121EE14 ,  5D121EE27
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
  • 記憶部材
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平9-307421   Applicant:株式会社豊田中央研究所, 株式会社デンソー
  • 追記型記録媒体
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2004-134038   Applicant:ソニー株式会社
  • 追記型光記録媒体
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2005-178348   Applicant:ソニー株式会社
Show all
Cited by examiner (3)
  • 追記型記録媒体
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2004-134038   Applicant:ソニー株式会社
  • 追記型光記録媒体
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2005-178348   Applicant:ソニー株式会社
  • 追記型光記録媒体
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2005-068210   Applicant:ソニー株式会社

Return to Previous Page