Pat
J-GLOBAL ID:200903004436290960

モジュラジャック

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 安藤 淳二 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998304530
Publication number (International publication number):2000133362
Application date: Oct. 26, 1998
Publication date: May. 12, 2000
Summary:
【要約】【課題】接着面を相対的にスライドさせる工程を含まずに組立製造が可能であって、機械による自動組立が容易なモジュラジャックを提供する。【解決手段】モジュラジャックは、モジュラプラグが着脱自在に挿入されるプラグ挿入口が開口するプラグ接続台1と、一部がプラグ接続台に嵌入された形でプラグ接続台1に結合される端子基台2とにより形成される。端子基台2はベース20に保持台30を重ねて結合することにより形成される。モジュラプラグに接続されるコンタクト41と、電線が接続される端子42とは接続導体を介して電気的に接続され、該端子42には圧接スリットに対抗する方向にロック片を設け、該ロック片の受け部を有する保持台30により保持される。接続導体はベース20と保持台30との間に配置される。
Claim (excerpt):
モジュラプラグが着脱自在に挿入されるプラグ挿入口が開口したプラグ接続台と、少なくとも一部がプラグ接続台に嵌入された形でプラグ接続台に結合される端子基台と、該端子基台に保持され前記プラグ挿入口を通してプラグ接続台に挿入されたモジュラプラグの接触子に弾接するように前記プラグ接続台内に配列された複数本のコンタクトと、前記端子基台に保持されプラグ接続台からの露出部位に配列され、それぞれ絶縁被覆を有する電線を圧接スリットに圧入すると圧接スリットの両側縁で絶縁被覆を切りながら芯線を挟み込む複数個の圧接端子と、該複数個の圧接端子と前記複数本のコンタクトとをそれぞれ電気的に接続する複数の接続導体と、前記端子基台に設けた軸受部に枢支される回転軸を備えていて前記複数個の端子に接続される複数本の外部電線を整列した形で保持するとともに、前記端子基台に被さって前記圧接端子の圧接スリットに前記電線を圧入するレバーとを有し、前記端子基台は、プラグ接続台への嵌入方向と交差する方向に分割されたベースおよび保持台を結合して形成され、前記接続導体が前記ベースと前記保持台との間に配置されているモジュラジャックであって、前記複数個の圧接端子それぞれの圧接スリットに対抗する方向にロック片を設け、該ロック片の受け部を前記保持台に設けたことを特徴とするモジュラジャック。
IPC (3):
H01R 13/514 ,  H01R 4/24 ,  H01R 13/33
FI (3):
H01R 13/514 ,  H01R 4/24 ,  H01R 13/33
F-Term (18):
5E012AA03 ,  5E012AA32 ,  5E012AA41 ,  5E012AA43 ,  5E087EE04 ,  5E087EE12 ,  5E087FF14 ,  5E087FF27 ,  5E087GG06 ,  5E087GG14 ,  5E087GG17 ,  5E087GG34 ,  5E087HH02 ,  5E087JJ08 ,  5E087LL26 ,  5E087LL33 ,  5E087MM05 ,  5E087RR47

Return to Previous Page