Pat
J-GLOBAL ID:200903004471687830

レドーム

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (6): 曾我 道治 ,  古川 秀利 ,  鈴木 憲七 ,  梶並 順 ,  大宅 一宏 ,  上田 俊一
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008035985
Publication number (International publication number):2009194829
Application date: Feb. 18, 2008
Publication date: Aug. 27, 2009
Summary:
【課題】広帯域に渡って高い透過特性を実現するレドームを提供する。【解決手段】複数の表皮材100a,100b,101a,101bと、比誘電率が前記複数の表皮材よりも低い複数のコア材110,111a,111bとが積層されて成るレドームであって、合計層数を7以上の奇数とし、積層方向の中心の中心層を表皮材又はコア材とし、前記中心層の両側に同じ層数、前記中心層を含めて表皮材とコア材が交互に積層され、前記表皮材の厚さは、前記中心層から位置が離れるに従い減少し、前記コア材の厚さは前記中心層から位置が離れるに従い増加するように構成された。【選択図】図1
Claim (excerpt):
複数の表皮材と、比誘電率が前記複数の表皮材よりも低い複数のコア材とが積層されて成るレドームであって、合計層数を7以上の奇数とし、積層方向の中心の中心層を表皮材又はコア材とし、前記中心層の両側に同じ層数、前記中心層を含めて表皮材とコア材が交互に積層され、前記表皮材の厚さは前記中心層から位置が離れるに従い減少し、前記コア材の厚さは前記中心層から位置が離れるに従い増加するように構成されたことを特徴とするレドーム。
IPC (1):
H01Q 1/42
FI (1):
H01Q1/42
F-Term (3):
5J046AA03 ,  5J046AA13 ,  5J046RA05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all

Return to Previous Page