Pat
J-GLOBAL ID:200903004506257540

ゴムゲートの安全装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小田 治親
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997162038
Publication number (International publication number):1998338925
Application date: Jun. 05, 1997
Publication date: Dec. 22, 1998
Summary:
【要約】【課題】 簡単な装置にて、過給気防止と過圧による自動倒伏機能を兼備させたゴムゲートの安全装置を提供すること。【解決手段】 ブロアと袋体との間に接続されるゴムゲートの安全装置であって、水槽と、この水槽内部の底壁に立設される過圧排気管と、この過圧排気管に前記水槽内で接続されて大気に開放される過圧防止管と、この過圧防止管の前記過圧排気管との接続箇所より上方に接続されて前記水槽内に開放可能で途中に開閉弁を備えた過給気防止管と、ブロアから袋体に至る給排気管から分岐して前記過圧排気管に接続される枝管とを備えたことを特徴とするゴムゲートの安全装置である。
Claim (excerpt):
ブロアと袋体との間に接続されるゴムゲートの安全装置であって、水槽と、この水槽内部の底壁に立設される過圧排気管と、この過圧排気管に前記水槽内で接続されて大気に開放される過圧防止管と、この過圧防止管の前記過圧排気管との接続箇所より上方に接続されて前記水槽内に開放可能で途中に開閉弁を備えた過給気防止管と、ブロアから袋体に至る給排気管から分岐して前記過圧排気管に接続される枝管とを備えたことを特徴とするゴムゲートの安全装置。

Return to Previous Page