Pat
J-GLOBAL ID:200903004519764700

液晶表示セルの製造方法および液晶表示セル

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 鈴江 武彦 (外6名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000075846
Publication number (International publication number):2001264722
Application date: Mar. 17, 2000
Publication date: Sep. 26, 2001
Summary:
【要約】【課題】製造効率および製品歩留まりの向上を図ることが可能な液晶表示セルの製造方法、および液晶表示セルを提供することにある。【解決手段】 アレイ基板を形成するガラス基板50上の所定領域51に配線、電極を形成するとともに、アレイ基板の位置出し部となる部分に帯状の検査パターン36を形成した後、ガラス基板の所定領域に対向して対向基板14を対向配置するとともにガラス基板に接合する。ガラス基板をアレイ基板の側縁に対応する所定の基準破断線54に沿って破断してアレイ基板を形成し、形成されたアレイ基板における検査パターンの残存状態に基づいて、位置出し部が所定の規格寸法範囲に形成されているか否かを検査する。
Claim (excerpt):
側縁の少なくとも1箇所に位置出し部を有した矩形状のアレイ基板と矩形状の対向基板とが所定の隙間を置いて対向配置され、上記アレイ基板と対向基板との間に液晶層が封入された液晶表示セルを製造する液晶表示セルの製造方法において、上記アレイ基板よりも大きな寸法のガラス基板上の所定領域に配線、電極を形成するとともに、アレイ基板の上記位置出し部となる部分に所定の検査パターンを形成し、上記ガラス基板の所定領域に対向して対向基板を配置するとともに上記ガラス基板に接合し、上記ガラス基板をアレイ基板の側縁に対応する所定の基準破断線に沿って破断してアレイ基板を形成し、上記形成されたアレイ基板における上記検査パターンの残存状態に基づいて、上記位置出し部が所定の規格寸法範囲に形成されているか否かを検査することを特徴とする液晶表示セルの製造方法。
IPC (2):
G02F 1/13 101 ,  G02F 1/1333 500
FI (2):
G02F 1/13 101 ,  G02F 1/1333 500
F-Term (16):
2H088FA04 ,  2H088FA06 ,  2H088FA07 ,  2H088FA11 ,  2H088FA16 ,  2H088HA01 ,  2H088HA06 ,  2H088HA08 ,  2H088HA28 ,  2H088MA20 ,  2H090JB02 ,  2H090JC02 ,  2H090JC13 ,  2H090LA03 ,  2H090LA04 ,  2H090LA16

Return to Previous Page