Pat
J-GLOBAL ID:200903004536039750

大部屋に形成した個室

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 樋口 盛之助 ,  小泉 良邦
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005153906
Publication number (International publication number):2005240555
Application date: May. 26, 2005
Publication date: Sep. 08, 2005
Summary:
【課題】 大部屋においても、個室並みの良好な空間環境を容易に実現することができ、しかも差額ベッド料の請求もできる準個室を提供すること。【解決手段】 病院の大部屋Rにおいて左右で隣り合うベッドBの間を床に設置するサイドパネル1によって仕切り、前記各ベッドBの頭部側には頭部側パネル2を設置するとことにより平面視略T字状の間仕切を形成すると共に、間仕切りが形成された前記各ベッドBの足部側には、前記サイドパネル1の前端面にカーテン4が触れるか又は接近させてカーテンレール4aを天井側に配置したこと。【選択図】図1
Claim (excerpt):
病院の大部屋において左右で隣り合うベッドの間を床に設置するサイドパネルによって仕切り、前記各ベッドの頭部側には頭部側パネルを設置するとことにより平面視略T字状の間仕切を形成すると共に、間仕切りが形成された前記各ベッドの足部側には、前記サイドパネルの前端面にカーテンが触れるか又は接近させてカーテンレールを天井側に配置したことを特徴とする大部屋に形成した個室。
IPC (1):
E04H3/08
FI (1):
E04H3/08 C
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 老人ホーム用間仕切装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平5-290180   Applicant:コクヨ株式会社, 多久島耕治
Cited by examiner (11)
Show all

Return to Previous Page