Pat
J-GLOBAL ID:200903004548850658

マルチキャリア受信装置及びマルチキャリア受信方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 岩橋 文雄 ,  内藤 浩樹 ,  永野 大介
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006101777
Publication number (International publication number):2007281577
Application date: Apr. 03, 2006
Publication date: Oct. 25, 2007
Summary:
【課題】複数台の通信装置が時間的なずれをもって同時に送信した状態においても、キャリア検出漏れを減少することができるマルチキャリア受信装置及びマルチキャリア受信方法を提供する。【解決手段】デジタル信号処理部1からのデジタル送信信号は、アナログ回路部2でアナログ信号に変換され、通信トランス3を経て一対の線路61、62から送信される。デジタル信号処理部1は、受信信号の周波数特性を利用してキャリアの有無を検出する周波数キャリア検出部10を備えており、周波数キャリア検出部10は、1本おきに隣接するサブキャリアの間で相関をとることで、キャリア検出を行う。【選択図】図1
Claim (excerpt):
送信装置が送信したマルチキャリア信号を受信するマルチキャリア受信装置であって、 信号を受信する信号受信部と、 前記信号受信部が受信した信号を時間-周波数変換し、所定周波数帯域内の複数の周波数にそれぞれ対応する複数の複素信号を生成する複素信号生成部と、 前記複素信号生成部により生成された複数の複素信号のうち、周波数軸上で隣り合わない周波数同士にそれぞれ対応した複素信号の相関値を演算する複素相関演算部と、 前記複素相関演算部により演算された相関値に対応した、複素座標上における信号点の分布を生成する信号点分布生成部と、 前記信号点分布生成部により生成された信号点の分布に基づいて、前記信号受信部が受信した信号が前記送信装置により送信されたマルチキャリア信号であるか否かを判定するマルチキャリア信号判定部とを備えた、 ことを特徴とするマルチキャリア受信装置。
IPC (1):
H04J 11/00
FI (1):
H04J11/00 Z
F-Term (4):
5K022DD01 ,  5K022DD13 ,  5K022DD19 ,  5K022DD31
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 通信装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2003-288747   Applicant:松下電器産業株式会社
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page