Pat
J-GLOBAL ID:200903004622166799

押しボタンスイッチ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1997368294
Publication number (International publication number):1999195346
Application date: Dec. 27, 1997
Publication date: Jul. 21, 1999
Summary:
【要約】【課題】 従来の押しボタンスイッチで、マイクロスイッチ接触機構部を採用したものは金属製の接点で構成されているため、切換感が良好な反面、接点の切換音が大きく、特に放送関連機器ではノイズとして問題になることがあった。【解決手段】 本発明は、長ストロークで明瞭な切換節度を持った静音形の押しボタンスイッチを得るために、マイクロスイッチ接触機構を配置した押しボタンスイッチの可動接片9の一端を支点として反転し接触する可動接点10と固定接点3、5の少なくとも何れか一方をラバー接点にて構成したので、可動接片9の反転時の切換音を吸収し、操作音などのノイズを嫌う放送機器に最適な押しボタンスイッチを提供することができる。
Claim (excerpt):
プランジャの上下動により、可動接片を反転させて電路の開閉を行う押しボタンスイッチにおいて、ベースの上面に共通端子と接触端子を配設するとともに前記共通端子側に可動接片の一端を支持し、該可動接片の他端に可動接点を配設して反転自在とし、該可動接点に対応する固定接点を前記接触端子に配設し、前記固定接点と前記可動接点の少なくとも何れか一方をラバー接点としたことを特徴とする押しボタンスイッチ。

Return to Previous Page