Pat
J-GLOBAL ID:200903004667269157

障害の腕でカラー点描をするための補助器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994039023
Publication number (International publication number):1995204218
Application date: Jan. 25, 1994
Publication date: Aug. 08, 1995
Summary:
【要約】【目 的】 この発明は、腕の障害で絵筆が使えない方に、楽しく絵を描けるように、腕の動きを補助する器具に関するものである。【構 成】 画板(10)を横レール(1)にとりつけ、一体になっている走行コロ(12)・ガイドコロ(13)・蝶つがいのフック(14)を横レール(1)と(4)内に入れる。縦レール(23)をフック(14)に連結し、点描用の座板(32)のを縦レール(23)にのせる。
Claim (excerpt):
(イ)2本のアングルで細長い溝形の横レール(1)と(4)を構成する。横レール(1)のふちから、外側にむかって水平の押え板(5)をつけ、横レール(4)の外側から溝へ、カバー(28)をつける。(ロ)画板(10)を補強板(9)で補強し、金具(11)で横レール(1)にとりつける。(ハ)走行コロ(12)とガイドコロ(13)と、着脱蝶つがいの一方のフック(14)を、基盤(15)のねじ穴でとりつけて、一体となって横レール内にいれる。(ニ)縦レール(23)の端部に、蝶つがいのもう一方の着脱軸(24)をとりつける。先端に縦レール(23)を水平に保つ水平コロ(31)をとりつける。ル(23)の両側をはさんで滑る。座板(32)の表面の中央部に複数のねじ穴をあけ、カラ(36)を一本立てる。端部には立ち板(37)を立てる。以上の構成による、障害の腕でカラー点描をするための補助器。
IPC (2):
A61F 4/00 ,  B43L 15/00

Return to Previous Page