Pat
J-GLOBAL ID:200903004720041155

ロボツトの制御方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 鈴江 武彦
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1991249479
Publication number (International publication number):1993088728
Application date: Sep. 27, 1991
Publication date: Apr. 09, 1993
Summary:
【要約】【目的】常に複数軸の同期動作が必要であったり、最初の原点位置から一連の連続した動作により変化していく動作を行うロボットにおいて、教示再生が容易であり、さらに長距離の移動や一連の連続した動作や、途中で複数の状態に分かれる動作を伴うロボットにおいても、教示点の修正が容易なロボットの制御方法を提供するのを目的とする。【構成】ロボットの動作の途中に複数個の原点OP1,OP2,...OP6を設け、各原点から隣の原点までの移動を行う動作プログラムPR1-2,PR2-1,...PR5a-6を作成し、それぞれのプログラムの先頭にその場が原点であると設定できる命令OS1-2,OS2-1,...を入れた。
Claim (excerpt):
ロボットの動作の原点を複数個設定して、それぞれの原点を基準とする座標によって記述された複数の動作プログラムの中から、動作を開始する際にロボットが位置している原点から動作可能な動作プログラムを選択する動作プログラム選択工程と、該選択された動作プログラムに基づいてロボットが動作し、動作プログラムが終了した後、いずれかの原点に位置決めされる動作工程とを有するロボットの制御方法。
IPC (3):
G05B 19/18 ,  B25J 9/16 ,  B25J 9/22

Return to Previous Page