Pat
J-GLOBAL ID:200903004720435528

浄水器

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 青山 葆 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995334884
Publication number (International publication number):1997174041
Application date: Dec. 22, 1995
Publication date: Jul. 08, 1997
Summary:
【要約】【課題】 浄水器において、切換バルブを簡単に分解できて、外郭を構成するケースカバーのみを簡単に取り替えることができるようにすることにより、浄水器全体の外観の清潔感を保てるようにすることである。【解決手段】 切換バルブ1と、これとは別体で着脱自在に切換バルブ1に接続できる濾過器2からなる浄水器において、バルブ機構をユニットケース内に一体的に収納したユニット14の構造とし、該バルブユニット14と別体でこれを覆うケースカバー15を、弁回動軸芯Oを通る縦断分割面による2分割構造とし、かつ、浄化用水供給口37を上記回動軸芯方向に形成してある。これにより、バルブユニット14に対し、切換バルブ1の外郭を構成するケースカバー15のみを簡単に取り外して交換することができる。また、ハンドルの認識突起を形成することにより、指の感触でハンドルのシャワー位置及び他の位置を確認することができる。
Claim (excerpt):
原水入口、原水出口及び浄化用水供給口を有し、回動式弁体の回動操作により、原水入口を原水出口及び浄化用水供給口に切換自在に接続する切換バルブと、浄化用水取入口及び浄水出口を有すると共に上記切換バルブの浄化用水供給口に着脱自在に接続される濾過器とからなる浄水器において、切換バルブは、回動式弁体をユニットケース内に回動自在に収めてなるバルブユニットと、該バルブユニットを覆うケースカバーとを備えると共に、弁回動軸芯方向に前記浄化用水供給口が形成され、ケースカバーは、弁回動軸芯を通る縦断分割面により2分割された1対のカバー部材よりなり、バルブユニットに対して取り替え自在に被せられていることを特徴とする浄水器。
IPC (2):
C02F 1/28 ,  B01D 35/04
FI (2):
C02F 1/28 S ,  B01D 35/04
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 浄水装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-313128   Applicant:株式会社日立製作所
  • 特開平4-326982

Return to Previous Page