Pat
J-GLOBAL ID:200903004746935197

放熱電車線装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 大塚 忠
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2008013399
Publication number (International publication number):2009173145
Application date: Jan. 24, 2008
Publication date: Aug. 06, 2009
Summary:
【課題】 カテナリ吊架式電車線路のエアセクション箇所におけるアークの熱によるトロリ線の破断を防止するための電車線装置を提供する。【解決手段】 カテナリ吊架式電車線路のエアセクション箇所Sにおけるトロリ線Tの上部の所定長さの部分に沿って接触するように高熱伝導性の放熱剛体2を設け、この放熱剛体2の少なくともトロリ線Tの軸線方向両端部を固定手段3にてトロリ線Tに固定し、それによって、当該トロリ線Tにかかる張力を放熱剛体2が負担できるようにして放熱電車線装置1を構成した。【選択図】図1
Claim (excerpt):
カテナリ吊架式電車線路のエアセクション箇所におけるトロリ線上部の所定長さの部分に沿って接触するように配置され、アーク発生時にトロリ線に加わる熱を拡散する高熱伝導性の放熱剛体と、 この放熱剛体の少なくともトロリ線の軸線方向両端部において、当該放熱剛体を前記トロリ線に固定し、それによって、当該トロリ線にかかる張力を放熱剛体が負担可能とする固定手段とを具備することを特徴とする放熱電車線装置。
IPC (2):
B60M 1/18 ,  B60M 1/13
FI (2):
B60M1/18 ,  B60M1/13 M
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
  • カテナリ式剛体電車線
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-114244   Applicant:東日本旅客鉄道株式会社
  • 特開昭61-009348
  • トロリ線の引き止め装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2006-020679   Applicant:財団法人鉄道総合技術研究所, 三和テッキ株式会社
Show all
Cited by examiner (7)
  • 特開昭61-009348
  • 特開昭61-009348
  • トロリ線の引き止め装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2006-020679   Applicant:財団法人鉄道総合技術研究所, 三和テッキ株式会社
Show all

Return to Previous Page