Pat
J-GLOBAL ID:200903004755234711

サバイバル系解析装置及びサバイバル系の解析方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 大塚 康徳 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998133978
Publication number (International publication number):1999328150
Application date: May. 15, 1998
Publication date: Nov. 30, 1999
Summary:
【要約】【課題】 モデル化されたサバイバル系の迅速且つ正確な解析を行うサバイバル系解析装置及びサバイバル系の解析方法の提供。【解決手段】 モデル化されたサバイバル系に発生する事象を解析するサバイバル系解析装置において、ステップS1で入力された成功率β及び進行距離Xを用いて、所定の演算を行うことにより、当該モデル化されたサバイバル系において進行可能な物(人、電子)の距離XSまで到達できる確率(生存率、到達率)P(XS)を解析し(ステップS)、その解析結果を出力する(ステップS3)。
Claim (excerpt):
モデル化されたサバイバル系における解析対象を解析すべく、階段関数、指数関数、べき乗演算、階乗演算、加減乗除演算、並びに総和演算を行う演算手段を備えるサバイバル系解析装置であって、原点からの距離Xに応じて小さくなる変数が第1の所定値となったときに該変数を第2の所定値までの範囲内で補給可能なサバイバル系における解析対象の該距離Xにおける生存率P(X)を、前記演算手段により、【数1】(ここで、βは補給成功率、はXを越えない最大の整数である。θは階段関数であり、【数2】である。)より算出することを特徴とするサバイバル系解析装置。

Return to Previous Page