Pat
J-GLOBAL ID:200903004767834110

粉末供給装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 猪股 祥晃
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996277687
Publication number (International publication number):1998118792
Application date: Oct. 21, 1996
Publication date: May. 12, 1998
Summary:
【要約】【課題】流動性が悪く絡みやすい微粉状の粉末を、安定して一定量づつ連続的に供給することができる粉末供給装置を提供すること。【解決手段】微粉末を定量づつ安定供給することのできる粉末供給装置であって、円錐部1とシリンダー部2があり、円錐部1の中にはボール4があり、シリンダー部2には切欠き部5のあるエスケープメントシリンダー3が回転可能な状態で挿入されている。エスケープメントシリンダー3が回転すると、ボール4がそれに伴って回転し、切欠き部5が上へくると円錐部内の粉末が隙間から切欠き部の中に流入し始め、切欠き部5が真上にくると、ボールが落下して円錐部1とシリンダー部2を遮断し、粉末の流入を止める。さらにシリンダーが回転して切欠き部が下にくるとその中の粉末は下方に排出される。
Claim (excerpt):
切欠き部を有するエスケープメントシリンダーが回転可能な状態で挿入されたシリンダー部と、該シリンダー部の上方にあって内部にボールが可動状態で入っている円錐部とからなり、上記エスケープメントシリンダーの回転によって上記ボールが回転と停止を繰り返すことを特徴とする粉末供給装置。
IPC (4):
B30B 11/00 ,  B22F 3/035 ,  B22F 5/00 ,  H01G 13/00 371
FI (4):
B30B 11/00 F ,  H01G 13/00 371 Z ,  B22F 3/02 C ,  B22F 5/00 H

Return to Previous Page