Pat
J-GLOBAL ID:200903004812263740

アレルゲン不活化装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1994079180
Publication number (International publication number):1995250604
Application date: Mar. 11, 1994
Publication date: Oct. 03, 1995
Summary:
【要約】【目的】 この発明は畳等に存在するダニ・花粉等アレルゲンに対し温風又は高温蒸気を噴射する事により不活化せしめるアレルゲン不活化装置に関するものである。【構成】 ヒーター2を内蔵した高温蒸気発生室1に設けられた蒸気噴射口6より高温蒸気が、底面板8に設けられた蒸気排出溝7に沿って噴射され、筐体9に取り付けられた電動吸込ファン14によって吸込まれた、空気が高温蒸気発生室1によって加温され温風となって温風排出溝4a、4bより床面に噴射される事を特徴とし、ハンドル10を持って操作する事によりローラー11a、11bが回転するアレルゲン不活化装置である。
Claim 1:
畳・絨毯・板床及び毛布等のベッド用具類(以下「畳等」と言う)に存在するダニの死骸やフンに含まれるダニアレルゲンや杉・ブタクサ等の花粉アレルゲン(以下「ダニ・花粉等アレルゲン」と言う)に対し高温の温風又は蒸気を噴射する装置において、独立した1箇所以上の蒸気噴射口6を有する。噴射された温風及び蒸気が排出される為の排出溝4a、4b、7が設けられた底面板8と電動吸込ファン14及び給水タンク12より水又は薬液が供給される事により高温蒸気を発生させる為のヒーター2を内蔵した金属製高温蒸気発生室1が設けられた筐体9が密閉構造を成す様に取り付けられている。筐体9に設けられたハンドル10を持って畳上等を移動させ得る回転自由なるローラー11a、11bが筐体9又は底面板8に取り付けられた構造と機能を特徴とするアレルゲン不活化装置。

Return to Previous Page