Pat
J-GLOBAL ID:200903004850423246

パンタグラフスリ板の再取付け方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 成瀬 勝夫 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2001139059
Publication number (International publication number):2002335601
Application date: May. 09, 2001
Publication date: Nov. 22, 2002
Summary:
【要約】【課題】 良好なる作業環境下で、効率良く、アルミ系材料製の舟体の強度低下を引き起こすことなく、貴重な資源を有効に使用し、しかも、良好なる電気的接続部を得、鉄道輸送の信頼性を上げることができる、スリ板の再取付け方法を提供する。【解決手段】 パンタグラフの集電用舟体に固定された摩耗スリ板を新スリ板と交換する際に、摩耗スリ板を取り外したアルミ系材料製の舟体に、界面活性剤を含む弱アルカリ性の浸漬浴中で超音波を照射し、この舟体の表面に喰い込んだ鉄道運送設備特有の微粉状物をその他の単純汚染物と共に除去した後、水濯ぎして乾燥し、得られた清浄な舟体に新スリ板をボルト締結することを特徴とするパンタグラフスリ板の再取付け方法である。
Claim (excerpt):
パンタグラフの集電用舟体に固定された摩耗スリ板を新スリ板と交換する際に、摩耗スリ板を取り外したアルミ系材料製の舟体に、界面活性剤を含む弱アルカリ性の浸漬浴中で超音波を照射し、この舟体の表面に喰い込んだ鉄道運送設備特有の微粉状物をその他の単純汚染物と共に除去した後、水濯ぎして乾燥し、得られた清浄な舟体に新スリ板をボルト締結することを特徴とするパンタグラフスリ板の再取付け方法。
IPC (2):
B60L 5/22 ,  B61B 13/06
FI (2):
B60L 5/22 A ,  B61B 13/06 K
F-Term (12):
5H105AA12 ,  5H105BA01 ,  5H105BB01 ,  5H105CC02 ,  5H105CC12 ,  5H105DD04 ,  5H105DD25 ,  5H105DD29 ,  5H105DD30 ,  5H105EE02 ,  5H105EE13 ,  5H105EE22
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
  • 特開昭58-016080
  • 金属材料の表面清浄化方法とその装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-332365   Applicant:第一金属株式会社, 文化シヤッター株式会社
  • 摺板取付構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平5-349264   Applicant:日本軽金属株式会社, 株式会社日軽技研
Show all

Return to Previous Page