Pat
J-GLOBAL ID:200903004858711038

静電潜像現像用トナーとその製造方法及びそれを用いた画像形成方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007070311
Publication number (International publication number):2007148461
Application date: Mar. 19, 2007
Publication date: Jun. 14, 2007
Summary:
【課題】カーミン系マゼンタ色素を重合法トナーの着色剤として用いて、熱定着時に色味の変化のない静電潜像現像用トナーとその製造方法及び画像形成方法を提供する。【解決手段】少なくとも水系媒体中で樹脂粒子と着色剤粒子とを融着させてなる離型剤を含有する静電潜像現像用トナーにおいて、該着色剤粒子に含有されている着色剤がPigment Red48:1、Pigment Red48:2、Pigment Red48:3、Pigment Red48:4、又はPigment Red48:5から選ばれた何れかであり、離型剤は下記構造を有するエステルワックスであることを特徴とする静電潜像現像用トナー。 R1-(OCO-R2)n(式中、R1、R2は置換基を有しても良い炭化水素基、nは1〜4の整数である。)【選択図】なし
Claim (excerpt):
少なくとも水系媒体中で樹脂粒子と着色剤粒子とを融着させてなる離型剤を含有する静電潜像現像用トナーにおいて、該着色剤粒子に含有されている着色剤がPigment Red48:1、Pigment Red48:2、Pigment Red48:3、Pigment Red48:4、又はPigment Red48:5から選ばれた何れかであり、離型剤は下記構造を有するエステルワックスであることを特徴とする静電潜像現像用トナー。 R1-(OCO-R2)n (式中、R1、R2は置換基を有しても良い炭化水素基を示す。nは1〜4の整数である。)
IPC (3):
G03G 9/09 ,  G03G 9/08 ,  G03G 9/087
FI (3):
G03G9/08 361 ,  G03G9/08 365 ,  G03G9/08 381
F-Term (5):
2H005AA06 ,  2H005AA21 ,  2H005AB03 ,  2H005CA14 ,  2H005CA21
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • トナー組成物の製造方法
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平6-225079   Applicant:ゼロックスコーポレイション
  • 静電荷像現像用トナー
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平11-344022   Applicant:三菱化学株式会社
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page