Pat
J-GLOBAL ID:200903004872223178

熱現像感光材料の製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999254159
Publication number (International publication number):2001075227
Application date: Sep. 08, 1999
Publication date: Mar. 23, 2001
Summary:
【要約】【課題】 低カブリ、高感度であり、且つ、熱現像後の保存性の改良された熱現像感光材料の製造方法を提供する。【解決手段】 有機銀塩を含有する熱現像感光材料の製造方法において、該有機銀塩の製造過程における乾燥を酸素濃度15vol%以下の雰囲気下で行うことを特徴とする熱現像感光材料の製造方法。
Claim 1:
有機銀塩を含有する熱現像感光材料の製造方法において、該有機銀塩の製造過程における乾燥を酸素濃度15vol%以下の雰囲気下で行うことを特徴とする熱現像感光材料の製造方法。
F-Term (7):
2H123AB00 ,  2H123AB23 ,  2H123BC00 ,  2H123BC10 ,  2H123BC12 ,  2H123CB00 ,  2H123CB03
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2) Cited by examiner (2)

Return to Previous Page