Pat
J-GLOBAL ID:200903004874219607

光アイソレータおよび光アイソレータを内蔵した半導体レーザモジュール

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 小鍜治 明 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992015975
Publication number (International publication number):1993210068
Application date: Jan. 31, 1992
Publication date: Aug. 20, 1993
Summary:
【要約】【目的】 半導体レーザの反射戻り光による発振雑音の低減のために用いられる光アイソレータおよび光アイソレータを内蔵した半導体レーザモジュールにおいて、小型化と調整を簡易化することを目的とする。【構成】 偏光子1と検光子4とファラデー回転子3を円筒孔に配設した円筒型の永久磁石7の外周側面7bと内周側面7cが同じ角度でその底面7aに対して垂直より傾斜した構成の光アイソレータと、集光レンズ10と、半導体レーザ8を備えた構成により、光アイソレータ9の光入射面を半導体レーザ8から出射した光の光軸に垂直におくだけで、光アイソレータ9からの反射光が半導体レーザ8に戻るのを防ぐことができ、小型化と調整の簡易化した半導体レーザモジュールが実現できる。
Claim (excerpt):
偏光方向が互いに45°になるように配設した偏光子と検光子と、前記偏光子と前記検光子の間に設けたファラデー回転子と、前記ファラデー回転子の周辺部に設けた円筒型の永久磁石を備え、かつ前記永久磁石は、その外周側面と内周側面に同じ角度で垂直より傾斜した底面を有する光アイソレータ。

Return to Previous Page