Pat
J-GLOBAL ID:200903004896275462

スピンドルモータを備えたディスク装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 中村 守
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005252009
Publication number (International publication number):2007066441
Application date: Aug. 31, 2005
Publication date: Mar. 15, 2007
Summary:
【課題】 スピンドルモータを固定するねじを極力削減して組付部品点数を減らし、かつ、スピンドルモータを強固に固定できるようにする。【解決手段】 フック13を取付プレート1の係止孔14に挿通した後、該係止孔14をフックのガイド用突起部13Aに沿わせてスライドさせる。これにより、取付プレート1の嵌合凹部9とトラバースシャーシ3の嵌合凸部8とが嵌合するとともに、取付プレート1の挿通孔15A,15Bとトラバースシャーシ3のねじ孔12A,12Bとが位置合わせされる。この後、2本のねじ11A,11Bをねじ孔12A,12Bに螺着し、フック13と2本のねじ11A,11Bとでスピンドルモータ2の取付プレート1を固定する。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
ディスクを回転駆動するスピンドルモータと、このスピンドルモータの底面に一体化した取付プレートと、この取付プレートを固定するためのトラバースシャーシとを備え、前記取付プレートとトラバースシャーシとの重ね合わせ面に位置決め用の嵌合凸部と嵌合凹部を形成し、取付プレートに形成する挿通孔に挿通したねじを前記トラバースシャーシのねじ孔に螺着してトラバースシャーシにスピンドルモータを固定するスピンドルモータにおいて、前記トラバースシャーシに前記取付プレートを係止するフックを形成し、このフックと前記ねじとで前記スピンドルモータの取付プレートを固定したことを特徴とするスピンドルモータを備えたディスク装置。
IPC (3):
G11B 19/20 ,  G11B 33/12 ,  H02K 5/00
FI (3):
G11B19/20 G ,  G11B33/12 306Z ,  H02K5/00 A
F-Term (14):
5D109CA02 ,  5H605AA04 ,  5H605AA05 ,  5H605AA07 ,  5H605BB05 ,  5H605BB10 ,  5H605BB14 ,  5H605CC02 ,  5H605CC03 ,  5H605EA02 ,  5H605EA16 ,  5H605EA19 ,  5H605GG04 ,  5H605GG06
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)
  • 実用新案登録第3104904公報
  • ディスク装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平11-094339   Applicant:株式会社東芝, 東芝エー・ブイ・イー株式会社

Return to Previous Page