Pat
J-GLOBAL ID:200903004896325893

出力制御方法及び出力制御回路

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 鈴木 正剛 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999336841
Publication number (International publication number):2001157289
Application date: Nov. 26, 1999
Publication date: Jun. 08, 2001
Summary:
【要約】【課題】 電子機器からの出力の発生を制御する回路を提供する。【解決手段】 一対の端子を有する出力端を備える電子機器からの出力の発生を、出力端に接続される装置の種類により変化する一対の端子間の電位差により制御するようにしてなる出力制御回路であって、一対の端子間の電位差を検出する検出器3と、出力端からの出力の発生を制御するスイッチ部4とを備え、検出器による検出結果に基づいて、スイッチ部が出力端からの出力の発生を制御するようにしてなる。
Claim (excerpt):
一対の端子を有する出力端を備えた電子機器に用いられる、前記一対の端子間の電位差を検出する検出器と前記電子機器からの出力の発生を制御するスイッチ部とを含む出力制御回路により、前記出力端に接続される装置の種類に応じて変化する前記一対の端子間の電位差により前記出力端からの出力の発生を制御する方法であって、前記装置が接続されたときの前記一対の端子間の電位差を検出し、この検出結果に基づいて前記出力端からの出力の発生を制御する、出力制御方法。
F-Term (2):
5D005BB01 ,  5D005BB16
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 電源装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-164329   Applicant:松下電器産業株式会社

Return to Previous Page