Pat
J-GLOBAL ID:200903004898287212

遠隔電源投入制御方式

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 笹岡 茂 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993140005
Publication number (International publication number):1994334701
Application date: May. 19, 1993
Publication date: Dec. 02, 1994
Summary:
【要約】【目的】 電源投入実行側システムが、電源投入指示を受信し、電源投入動作中であることを電源投入指示側システムに認識させることができるようにする。【構成】 パケット交換網2を介して接続された通信制御装置を有する電源投入指示側システム1と電源投入実行側システム3間で前記電源投入指示側システムからのパケットによる電源投入実行側システムへの電源投入指示に応じて前記電源投入実行側システムがCPUの立ち上がり制御を行なう遠隔電源投入制御方式において、電源投入指示側システム1からのパケットによる電源投入指示に対し、電源投入実行側システム2が、CPUが立ち上がりシステム動作可能状態になるまでの時間情報(t)を付加した応答を電源投入指示側システム1に返信するようにしている。
Claim 1:
パケット交換網を介して接続された通信制御装置を有する電源投入指示側システムと電源投入実行側システム間で前記電源投入指示側システムからのパケットによる電源投入実行側システムへの電源投入指示に応じて前記電源投入実行側システムがCPUの立ち上がり制御を行なう遠隔電源投入制御方式において、電源投入指示側システムからのパケットによる電源投入指示に対し、電源投入実行側システムが、CPUが立ち上がりシステム動作可能状態になるまでの時間情報(t)を付加した応答を電源投入指示側システムに返信するようにしたことを特徴とする遠隔電源投入制御方式。
IPC (3):
H04L 29/00 ,  G06F 13/10 ,  H04L 12/56
FI (2):
H04L 13/00 T ,  H04L 11/20 102 Z

Return to Previous Page