Pat
J-GLOBAL ID:200903004903513374

アルキル化芳香族化合物を製造する方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 江崎 光史 (外3名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996151278
Publication number (International publication number):1997002982
Application date: Jun. 12, 1996
Publication date: Jan. 07, 1997
Summary:
【要約】【課題】 オレフィン性アルキル化剤を用いた芳香族炭化水素の液相アルキル化方法を提供する。【解決手段】 芳香族炭化水素およびアルキル化剤を含有する工程流を、アルキル化条件下において、フッ素化スルホン酸触媒の存在下に粒状極性接触物質を含む固定床アルキル化反応器を通して流し、そしてアルキル化生成物の生成物流を回収する段階からなる。
Claim (excerpt):
オレフィン性アルキル化剤を用いた芳香族炭化水素の液相アルキル化方法であって、芳香族炭化水素およびアルキル化剤を含有する工程流を、アルキル化条件下において、フッ素化スルホン酸触媒の存在下に粒状極性接触物質を含む固定床アルキル化反応器を通して流し、そしてアルキル化生成物の生成物流を回収する段階からなることを特徴とする上記方法。
IPC (7):
C07C 15/02 ,  B01J 31/02 103 ,  B01J 31/02 ,  C07C 2/70 ,  C07C 15/073 ,  C07C 15/085 ,  C07B 61/00 300
FI (7):
C07C 15/02 ,  B01J 31/02 103 X ,  B01J 31/02 103 Z ,  C07C 2/70 ,  C07C 15/073 ,  C07C 15/085 ,  C07B 61/00 300
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (6)
  • 特開平4-001141
  • 特開昭48-086834
  • 特開平4-001141
Show all
Article cited by the Patent:
Return to Previous Page