Pat
J-GLOBAL ID:200903004909907048

亀裂進展抑制方法及び溶接継手構造体

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 藤田 考晴 ,  上田 邦生
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005215432
Publication number (International publication number):2007029981
Application date: Jul. 26, 2005
Publication date: Feb. 08, 2007
Summary:
【課題】溶接継手構造体の溶接接合部において、亀裂の進展を抑制または阻止することができる亀裂進展抑制方法を提供すること。【解決手段】ストリンガ13のフランジ部13aに重ね合わせたスキン11を溶接により接合してなる溶接継手構造体の亀裂進展抑制方法が、スキンとフランジ部13aとを摩擦撹拌接合により溶接して摩擦撹拌接合部14を形成する溶接接合工程と、摩擦撹拌接合部14に圧縮の残留応力を付与し、摩擦撹拌接合部14を貫通して接合部裏面側まで到達する塑性ひずみを入れる圧縮残留応力付与工程とを備えている。【選択図】図1
Claim 1:
骨材に重ね合わせた薄板を溶接により接合してなる溶接継手構造体の亀裂進展抑制方法であって、 前記薄板と前記骨材とを溶接して溶接接合部を形成する溶接接合工程と、 前記溶接接合部に圧縮応力を付与し、前記溶接接合部を貫通して接合部裏面側まで到達する塑性ひずみを入れる圧縮残留応力付与工程と、を備えていることを特徴とする亀裂進展抑制方法。
IPC (2):
B23K 31/00 ,  B23K 20/12
FI (3):
B23K31/00 F ,  B23K20/12 310 ,  B23K20/12 364
F-Term (4):
4E067BG00 ,  4E067EA06 ,  4E067EA10 ,  4E067EC03
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)

Return to Previous Page