Pat
J-GLOBAL ID:200903004924915170

内燃機関の排気浄化装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 石田 敬 ,  鶴田 準一 ,  西山 雅也
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002226466
Publication number (International publication number):2004068651
Application date: Aug. 02, 2002
Publication date: Mar. 04, 2004
Summary:
【課題】排気浄化装置全体の大きさをコンパクトにして車両への搭載性を高め、且つ、排気浄化材間の熱伝達率を高くし、且つ、排気浄化装置全体の圧力損失を小さく抑える。【解決手段】上流から順に、第1の排気浄化材15と、該第1の排気浄化材の圧力損失よりも圧力損失が大きい第2の排気浄化材16と、該第2の排気浄化材の圧力損失よりも圧力損失が小さい第3の排気浄化材17とを機関排気通路13に設けられた共通のケーシング13a内に具備する。第1の排気浄化材と第2の排気浄化材との間の容積空間V1が、第2の排気浄化材と第3の排気浄化材との間の容積空間V2よりも大きい。【選択図】 図2
Claim (excerpt):
上流から順に、第1の排気浄化材と、該第1の排気浄化材の圧力損失よりも圧力損失が大きい第2の排気浄化材と、該第2の排気浄化材の圧力損失よりも圧力損失が小さい第3の排気浄化材とを機関排気通路に設けられた共通のケーシング内に具備する排気浄化装置において、第1の排気浄化材と第2の排気浄化材との間の容積空間が、第2の排気浄化材と第3の排気浄化材との間の容積空間よりも大きいことを特徴とする内燃機関の排気浄化装置。
IPC (5):
F01N3/28 ,  B01D53/94 ,  F01N3/02 ,  F01N3/24 ,  F02D45/00
FI (9):
F01N3/28 301U ,  F01N3/28 301D ,  F01N3/28 301G ,  F01N3/02 301C ,  F01N3/02 301E ,  F01N3/24 E ,  F02D45/00 360C ,  B01D53/36 103B ,  B01D53/36 101B
F-Term (49):
3G084BA24 ,  3G084DA10 ,  3G084FA27 ,  3G090AA02 ,  3G090AA06 ,  3G090BA01 ,  3G090DA12 ,  3G090EA02 ,  3G091AA02 ,  3G091AA10 ,  3G091AA11 ,  3G091AB02 ,  3G091AB05 ,  3G091AB13 ,  3G091BA14 ,  3G091BA15 ,  3G091CA18 ,  3G091EA17 ,  3G091GA06 ,  3G091GB01W ,  3G091GB02W ,  3G091GB03W ,  3G091GB04W ,  3G091GB06W ,  3G091HA09 ,  3G091HA15 ,  3G091HA16 ,  3G091HA36 ,  3G091HA37 ,  3G091HA38 ,  3G091HA42 ,  4D048AA06 ,  4D048AA13 ,  4D048AA18 ,  4D048AB01 ,  4D048AB02 ,  4D048AB05 ,  4D048AB07 ,  4D048BB02 ,  4D048CA07 ,  4D048CC32 ,  4D048CC47 ,  4D048CD05 ,  4D048CD08 ,  4D048DA01 ,  4D048DA02 ,  4D048DA06 ,  4D048DA13 ,  4D048EA04
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)

Return to Previous Page