Pat
J-GLOBAL ID:200903004934940580

低振動形モータ

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 井ノ口 壽
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002087833
Publication number (International publication number):2003289645
Application date: Mar. 27, 2002
Publication date: Oct. 10, 2003
Summary:
【要約】【課題】 安定したスラストトルクを得るとともに側圧をかけることによりモータの振動を低減化でき、容易にコキング位置を設定することが可能な低振動形のモータ構造を提供する。【解決手段】 複数のファン8を有するロータ2の中央の孔2aに円筒マグネット3の取付部3aが固定されている。円筒マグネット3の孔3bにはシャフト1が圧着されている。円筒マグネット3の外側にはコイル9およびヨーク4からなるステータが対面するように配置されている。ステータはハウジング5に固定されている。ハウジング5の中央にすべり軸受6を圧入するための円筒取付部5aが立設されている。この円筒取付部5aの外周に(b)に示すスリット7aを有する磁性体リング7が圧着される。スリット7aの幅を変えることにより側圧トルクを調整することが可能である。円筒マグネット3に対しスラスト方向にずらして磁性体リング7を設置することによりスラスト方向への安定した荷重を得ることができる。
Claim (excerpt):
円筒マグネットをロータに取り付け、円筒マグネットの外周側に対面してステータを配置してなるインナーロータ形モータであって、軸受の外周部に磁性体リングを設け、前記磁性体リングは前記円筒マグネットに対しスラスト方向にずらして配置することにより、任意のスラスト荷重を発生させることを特徴とする低振動形モータ。
IPC (2):
H02K 5/24 ,  H02K 21/16
FI (2):
H02K 5/24 B ,  H02K 21/16 M
F-Term (17):
5H605AA04 ,  5H605BB05 ,  5H605CC04 ,  5H605EA06 ,  5H605EA30 ,  5H605EB03 ,  5H605EB06 ,  5H605EB39 ,  5H605FF01 ,  5H605GG13 ,  5H621AA02 ,  5H621AA04 ,  5H621GA01 ,  5H621JK08 ,  5H621JK15 ,  5H621JK19 ,  5H621PP05
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (3)
  • モータ装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-268108   Applicant:松下電器産業株式会社
  • 磁気ディスク装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平4-335666   Applicant:株式会社日立製作所
  • モ-タ
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平11-232105   Applicant:日本電産株式会社

Return to Previous Page