Pat
J-GLOBAL ID:200903004950570963

スイベルジョイント

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998323988
Publication number (International publication number):2000143150
Application date: Nov. 13, 1998
Publication date: May. 23, 2000
Summary:
【要約】【課題】 内、外筒と中筒の間の芯ずれを矯正してシール部材またはウェアリングの偏摩耗を防止する。【解決手段】 内筒11と中筒12と外筒13から成る三重構造を有し、中筒12をホイールクレーンの上部旋回体側に取付ける一方、内筒11を下部走行体側に径方向に移動可能に取付ける。また、内筒11の下端部に大径の基台部11aを設け、外筒13をこの基台部11a上に載置支持することにより、外筒13を径方向に移動可能として内、外筒11,13と中筒12の芯ずれを矯正する。さらに基台部11aの外周面に係合ブラケット21を取付け、外筒13に設けられた切欠22に同ブラケット21を係合させて内、外筒11,13間で回転力を伝達する構成とした。
Claim 1:
縦軸まわりに相対回転しうる上部および下部両構造体間に設けられるスイベルジョイントであって、内筒の外周に中筒、この中筒の外周に外筒がそれぞれ互いの間に流体通路が形成される状態で縦軸まわりに回転自在に嵌合され、上記中筒は一方の構造体に取付けられ、上記内筒と外筒は、それぞれ径方向に移動可能で、かつ、互いの回転力を伝達しうる状態でもう一方の構造体に取付けられてなることを特徴とするスイベルジョイント。
IPC (4):
B66C 13/12 ,  E02F 9/12 ,  F16J 15/16 ,  F16L 39/04
FI (4):
B66C 13/12 C ,  E02F 9/12 Z ,  F16J 15/16 B ,  F16L 39/04
F-Term (15):
2D015BA03 ,  2D015DA03 ,  3J043AA16 ,  3J043CA01 ,  3J043FB04 ,  3J106AB01 ,  3J106BA01 ,  3J106BB02 ,  3J106BC11 ,  3J106BE12 ,  3J106BE28 ,  3J106BE31 ,  3J106BE33 ,  3J106CA08 ,  3J106FA05
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • スイベルジョイント構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-352051   Applicant:新キャタピラー三菱株式会社
  • 連結機構
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平7-231493   Applicant:株式会社長田中央研究所
  • ロ-タリジョイント
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平6-339111   Applicant:株式会社タダノ
Cited by examiner (2)
  • スイベルジョイント構造
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-352051   Applicant:新キャタピラー三菱株式会社
  • 連結機構
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平7-231493   Applicant:株式会社長田中央研究所

Return to Previous Page