Pat
J-GLOBAL ID:200903004960368488

母乳中の総IgA濃度および/または抗原特異的IgA抗体価を増加させる医薬および栄養組成物

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007264077
Publication number (International publication number):2008115169
Application date: Oct. 10, 2007
Publication date: May. 22, 2008
Summary:
【課題】 母乳中の総IgA濃度および/または抗原特異的IgA抗体価を増加させることで、消化管における感染防御効果を増強し、あるいは新生児のアレルギー発症を予防することを可能とする、安全性に優れ日常的に汎用できる医薬および栄養組成物を提供する【解決手段】 下記一般式(I)で表されるフラクトオリゴ糖を有効成分とするIgA産生増強剤である。:Glucosyl(1→2)(fructosyl)nβ(2→1)fructose (I)(式中、nは、1〜3である。)。当該IgA産生増強剤は、妊産婦・授乳婦用栄養組成物として、例えば妊産婦・授乳婦用粉乳、妊産婦・授乳婦用食品等に配合して利用できる他、周産期動物用飼料への利用が可能である。【選択図】 図3
Claim (excerpt):
下記一般式(I)で表されるフラクトオリゴ糖を有効成分とするIgA産生増強剤: Glucosyl(1→2)(fructosyl)nβ(2→1)fructose (I)(式中、nは、1〜3である。)。
IPC (4):
A61K 31/702 ,  C07H 3/06 ,  A61P 3/02 ,  A61P 37/04
FI (4):
A61K31/702 ,  C07H3/06 ,  A61P3/02 ,  A61P37/04
F-Term (12):
4C057BB04 ,  4C057CC01 ,  4C057DD01 ,  4C086AA01 ,  4C086AA02 ,  4C086EA01 ,  4C086MA01 ,  4C086MA04 ,  4C086NA14 ,  4C086ZB09 ,  4C086ZC21 ,  4C086ZC51
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)
  • 免疫賦活食品組成物
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2002-081842   Applicant:明治乳業株式会社
Article cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page