Pat
J-GLOBAL ID:200903005026941145

芝刈り機

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 北村 修一郎
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1998235558
Publication number (International publication number):2000060260
Application date: Aug. 21, 1998
Publication date: Feb. 29, 2000
Summary:
【要約】【課題】 モーアからの刈り芝をダクト経路を介して集草容器に風力搬送するよう構成するとともに、集草容器をダクト経路から分離して排出口側にダンプ揺動可能に支持し、集草容器の排出口を開閉する蓋体を、集草容器のダンプ作動に連動して開放させるよう構成してある芝刈り機において、蓋体に開放方向への力が不用意に作用しても、集草容器がダンプ側に移動されてダクト経路での接合部位から刈り芝や埃が洩れ出るのを防止できるようにする。【解決手段】 集草容器6を集草姿勢に復帰させた状態において蓋体34を閉じ位置に固定するロック金具41を備え、集草容器6を集草姿勢からダンプ作動させる際の初期作動に連動して前記ロック金具41をロック解除作動させ、ダンプ姿勢から集草姿勢への復帰作動に連動してロック作動させるよう構成する。
Claim (excerpt):
モーアからの刈り芝をダクト経路を介して集草容器に風力搬送するよう構成するとともに、一端部に排出口を備えた前記集草容器を、ダクト経路から分離して排出口側にダンプ揺動可能に支持するとともに、前記排出口を開閉する蓋体を集草容器のダンプ作動に連動して開放させるよう構成してある芝刈り機であって、前記集草容器を集草姿勢に復帰させた状態において前記蓋体を閉じ位置に固定するロック手段、あるいは、集草容器を集草姿勢に固定するロック手段を備えてあることを特徴とする芝刈り機。
F-Term (4):
2B083FA11 ,  2B083FA13 ,  2B083FA16 ,  2B083FA18
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 特開平1-199513
Cited by examiner (1)
  • 特開平1-199513

Return to Previous Page