Pat
J-GLOBAL ID:200903005045868459

照明器具

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 安田 敏雄
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1999361507
Publication number (International publication number):2001176682
Application date: Dec. 20, 1999
Publication date: Jun. 29, 2001
Summary:
【要約】【課題】 一方の放電灯点灯装置の出力線の影響により他方の放電灯点灯装置のエミレス検出回路の検出電圧が上昇するのを防止して、放電灯が不測に消灯するような不都合をなくするようにする。【解決手段】 放電灯電圧の上昇によりエミレス状態を検出するエミレス検出回路23A,23Bを有する複数の放電灯点灯装置7A,7Bが組み込まれ、各放電灯点灯装置7A,7Bの出力線11A,11Bに出力端子台12A,12Bを介して放電灯13A,13Bをそれぞれ接続して放電灯13A,13Bを点灯させるようにした照明器具において、各放電灯点灯装置7A,7Bの出力線11A,11Bが、他の放電灯点灯装置7B,7Aのエミレス検出回路23A,23Bの検出電圧Vに影響を及ぼさない位置に配設されている。
Claim 1:
放電灯電圧の上昇によりエミレス状態を検出するエミレス検出回路(23A,23B)を有する複数の放電灯点灯装置(7A,7B)が組み込まれ、各放電灯点灯装置(7A,7B)の出力線(11A,11B)に出力端子台(12A,12B)を介して放電灯(13A,13B)をそれぞれ接続して放電灯(13A,13B)を点灯させるようにした照明器具において、各放電灯点灯装置(7A,7B)の出力線(11A,11B)が、他の放電灯点灯装置(7B,7A)のエミレス検出回路(23A,23B)の検出電圧Vに影響を及ぼさない位置に配設されていることを特徴とする照明器具。
IPC (2):
H05B 41/02 ,  H05B 41/24
FI (2):
H05B 41/02 Z ,  H05B 41/24 Q
F-Term (7):
3K072AA01 ,  3K072AB01 ,  3K072CA16 ,  3K072EA01 ,  3K072EB05 ,  3K072HA02 ,  3K072HB03

Return to Previous Page