Pat
J-GLOBAL ID:200903005055383127

高耐久性ゴム組成物

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 久保山 隆 ,  中山 亨 ,  榎本 雅之
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003152083
Publication number (International publication number):2004352852
Application date: May. 29, 2003
Publication date: Dec. 16, 2004
Summary:
【課題】エチレン-α-オレフィン-非共役ジエン共重合体ゴムを主成分とし、耐久性に優れたゴム組成物を提供する。【解決手段】下記の成分(A)〜(C)を含有する高耐久性ゴム組成物。(A):エチレン-α-オレフィン系共重合体ゴム(B):重量平均分子量が1000以上で、かつ、ケイ素を2〜30%含有する有機化合物(C):補強剤上記のゴム組成物を加硫して得られる高耐久性加硫ゴム。エチレン-α-オレフィン系共重合体ゴム中のエチレン/α-オレフィンの重量比は80/20〜40/60が好ましく、更に好ましくは65/35〜45/55である。エチレン比率が過大であると、ゴム組成物の耐寒性が非常に悪化するために、常温でのゴム性能が冬季あるいは寒冷地において発揮されず、不適当なものとなる場合がある。一方、エチレン比率が過小であると耐久性が劣り、不適当なものとなる場合がある。【選択図】 なし
Claim (excerpt):
下記の成分(A)〜(C)を含有する高耐久性ゴム組成物。 (A):エチレン-α-オレフィン系共重合体ゴム (B):重量平均分子量が1000以上で、かつ、ケイ素を2〜30%含有する有機化合物 (C):補強剤
IPC (3):
C08L23/16 ,  C08K3/00 ,  C08L101/02
FI (3):
C08L23/16 ,  C08K3/00 ,  C08L101/02
F-Term (14):
4J002BB051 ,  4J002BB151 ,  4J002BB171 ,  4J002BN042 ,  4J002CP172 ,  4J002DA036 ,  4J002DE146 ,  4J002DJ006 ,  4J002DJ016 ,  4J002FD016 ,  4J002GC00 ,  4J002GJ02 ,  4J002GL00 ,  4J002GN00
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page