Pat
J-GLOBAL ID:200903005074270538

現像ローラのシール構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 松田 正道
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006023339
Publication number (International publication number):2007206251
Application date: Jan. 31, 2006
Publication date: Aug. 16, 2007
Summary:
【課題】複写機、プリンタ、ファクシミリ等の画像形成装置に用いられる現像ローラの端部から外部へ現像剤が漏出するのを効果的に防止できるシール構造を提供する。【解決手段】現像領域(55a)内に現像剤(50)を担持して回転する現像ローラ(55)と、該現像ローラの両端部の外周部に接触して現像剤の端部側への漏出を防止するシール部材(57)とを備え、前記現像ローラ(55)における前記シール部材(57)が接触する個所よりも現像領域側及び/又は端部側の位置に、現像ローラ(55)の周方向に平行な凸条(62)を設けた。【選択図】図3
Claim (excerpt):
現像領域内に現像剤を担持して回転する現像ローラと、該現像ローラの両端部の外周部に接触して現像剤の端部側への漏出を防止するシール部材とを備え、前記現像ローラにおける前記シール部材が接触する個所よりも現像領域側及び/又は端部側の位置に、該現像ローラの周方向に平行な凸条が設けられていることを特徴とする現像ローラのシール構造。
IPC (2):
G03G 15/08 ,  G03G 15/09
FI (2):
G03G15/08 505C ,  G03G15/09 Z
F-Term (23):
2H031AB02 ,  2H031AC09 ,  2H031AC19 ,  2H031AC33 ,  2H031AD01 ,  2H031AD09 ,  2H031BA05 ,  2H031BA09 ,  2H031BB01 ,  2H031EA03 ,  2H031FA07 ,  2H077AA01 ,  2H077AB02 ,  2H077AB14 ,  2H077AB15 ,  2H077AC02 ,  2H077AD02 ,  2H077AD06 ,  2H077AD13 ,  2H077AE06 ,  2H077BA03 ,  2H077BA08 ,  2H077CA13
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (5)
Show all
Cited by examiner (3)

Return to Previous Page