Pat
J-GLOBAL ID:200903005076019379

信号出力回路

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 岩橋 文雄 ,  坂口 智康 ,  内藤 浩樹
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002229755
Publication number (International publication number):2004072462
Application date: Aug. 07, 2002
Publication date: Mar. 04, 2004
Summary:
【課題】検出回路を設けることなく電線の断線もしくは接地電位へのショートを検出することができる出力回路を提供することを目的とする。【解決手段】この目的を達成するために本発明は、第一の差動増幅器26と、第一の負荷抵抗30と、第一のトランジスタ5と、第二のトランジスタ6と、リミッタ手段とを備え、このリミッタ手段は、その一方の入力端に前記出力端子32を、その他方の入力端に第二の基準電圧設定手段38をそれぞれ接続した第二の差動増幅器27と、この第二の差動増幅器27の第二の負荷抵抗31と、そのゲートに前記第二の差動増幅器27の出力端を、そのソースに前記第二のトランジスタ6のゲートをそれぞれ接続した第三のトランジスタ7とから少なくとも構成されるものである。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
その一方の入力端に第一の基準電圧設定手段が接続され、その他方の入力端に信号が入力される第一の差動増幅器と、この第一の差動増幅器の第一の負荷抵抗と、そのゲートに前記第一の差動増幅器の出力端を、そのソースに第一の定電流源をそれぞれ接続した第一のトランジスタと、そのゲートに前記第一の定電流源と前記第一のトランジスタとの接続点を、そのドレインに第二の定電流源をそれぞれ接続した第二のトランジスタと、この第二のトランジスタと前記ドレインとに接続された出力端子と、リミッタ手段とを備え、このリミッタ手段は、その一方の入力端に前記出力端子を、その他方の入力端に第二の基準電圧設定手段をそれぞれ接続した第二の差動増幅器と、この第二の差動増幅器の第二の負荷抵抗と、そのゲートに前記第二の差動増幅器の出力端を、そのソースに前記第二のトランジスタのゲートをそれぞれ接続した第三のトランジスタとから少なくとも構成される信号出力回路。
IPC (1):
H03F3/45
FI (1):
H03F3/45 A
F-Term (34):
5J066AA01 ,  5J066AA12 ,  5J066CA00 ,  5J066CA92 ,  5J066FA00 ,  5J066HA17 ,  5J066KA00 ,  5J066KA02 ,  5J066KA05 ,  5J066KA09 ,  5J066MA11 ,  5J066MA21 ,  5J066ND02 ,  5J066ND12 ,  5J066ND22 ,  5J066ND23 ,  5J066PD01 ,  5J500AA01 ,  5J500AA12 ,  5J500AC00 ,  5J500AC92 ,  5J500AF00 ,  5J500AH17 ,  5J500AK00 ,  5J500AK02 ,  5J500AK05 ,  5J500AK09 ,  5J500AM11 ,  5J500AM21 ,  5J500DN02 ,  5J500DN12 ,  5J500DN22 ,  5J500DN23 ,  5J500DP01
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (5)
  • 信号出力回路
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2003-422530   Applicant:松下電器産業株式会社
  • 信号出力回路
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2003-422532   Applicant:松下電器産業株式会社
  • 特開平3-296310
Show all

Return to Previous Page