Pat
J-GLOBAL ID:200903005092365384

音声加工フィルタ及び音声合成装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 宮田 金雄 (外3名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1995114752
Publication number (International publication number):1996305397
Application date: May. 12, 1995
Publication date: Nov. 22, 1996
Summary:
【要約】【目的】 合成音の量子化雑音を聴感的に抑圧したり、了解性等を改善するために用いられる音声加工フィルタの特性の自由度を高めることができるとともに、許容されるスペクトル傾斜の範囲内で、知覚レベルの歪を生じることなく、良好なホルマント強調効果を得ることができる音声加工フィルタを提供する。また、このような音声加工フィルタを用いた音声合成装置を提供する。【構成】 音声信号のLSP,PARCOR、対数断面積比の何れかを補正する補正手段を備え、補正されたパラメータを用いて強調処理を行うようにした。LSPの補正処理には、所定のLSPとの内分値を求める処理、隣接次元間の距離が所定値未満の部分を広げる処理を用いた。PARCORと対数断面積比の補正処理には、各次数毎の乗算処理を用いた。また、音声合成装置の後処理フィルタとして、この音声加工フィルタを用いるようにした。
Claim (excerpt):
音声信号のLSPを用いて前記音声信号のホルマント特徴を適応的に強調する音声加工フィルタであって、前記音声信号のLSPに基づいて補正LSPを算出して出力するLSP補正手段を備え、該補正LSPを用いて強調処理を行うことを特徴とする音声加工フィルタ。
FI (2):
G10L 9/14 H ,  G10L 9/14 L
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (7)
  • 特開平1-302299
  • 特開平1-304499
  • 特開平2-082710
Show all

Return to Previous Page