Pat
J-GLOBAL ID:200903005138589487

塗布型防曇剤組成物およびこれを用いる防曇性フィルムの製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993316478
Publication number (International publication number):1995165952
Application date: Dec. 16, 1993
Publication date: Jun. 27, 1995
Summary:
【要約】【構成】 太さ5〜20mμ、長さ40〜300mμの細長いシリカ微粒子からなるシリカゾルと、硫酸マグネシウムと、界面活性剤を含む塗布型防曇剤組成物である。【効果】 塗布時における被膜形成性、およびフィルムへの結合性に優れている。また、防曇剤の粘度が高いため、増粘ゲル化性が大きくて、シリカゾルのゲル化被膜を密着性よく付着させることができる。塗布時の被膜形成性が良好で、かつ貯蔵、配合、希釈調整の時の安定性が良い。界面活性剤が合成樹脂フィルムに対する良好な濡れ性を付与し、均一な防曇性の被膜が形成される。この防曇剤組成物は水に容易に溶解するので、これを、粘度が低く塗布し易い水溶液形態で使用できる。
Claim (excerpt):
太さ5〜20mμ、長さ40〜300mμの細長いシリカ微粒子からなるシリカゾルと、硫酸マグネシウムと、界面活性剤を含む塗布型防曇剤組成物。

Return to Previous Page