Pat
J-GLOBAL ID:200903005140677377

点火コイル装置の取付構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 服部 雅紀
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000189469
Publication number (International publication number):2002048043
Application date: Jun. 23, 2000
Publication date: Feb. 15, 2002
Summary:
【要約】【課題】 組み付けが容易で安価な点火コイル装置の取付構造を提供する。【解決手段】 点火コイル装置10のコイルケース11外に露出しているコア21の高圧タワー12近傍に、一箇所貫通孔が形成されている。ボルト40は、この貫通孔に挿入され、取付座2にコア21を締め付けている。ケース突部30は、コイルケース11と樹脂で一体成形されている突部本体31と、突部本体31のエンジン側端部に嵌合しているゴム部材としてのゴムキャップ32を有している。ボルト40で取付座2にコア21を締め付けると、ゴムキャップ32は大きな力でエンジンヘッドカバー1の表面1aに押し付けられ、ゴムキャップ32とエンジンヘッドカバー1との間に大きな摩擦力が働く。さらに、ボルト40を締め付けるときにボルト40が回転する方向と同一方向に点火コイル装置10に回転力が加わっても、回転規制突部3がケース突部30を係止する。
Claim (excerpt):
コアと、前記コアに巻回されている一次コイルおよび二次コイルと、前記コアの一部および前記両コイルを収容するコイルケースとを有する点火コイル装置を内燃機関に取り付ける取付構造であって、前記コイルケースは内燃機関側に向けて突出する肉厚部を有し、前記内燃機関は、前記内燃機関の表面に前記点火コイル装置を取り付ける取付座を有し、前記内燃機関の表面と前記取付座の頂面との距離をL1、前記肉厚部の内燃機関側端面と前記コアの前記取付座側端面との距離をL2とすると、L1 IPC (3):
F02P 15/00 303 ,  F02B 77/00 ,  H01F 38/12
FI (3):
F02P 15/00 303 E ,  F02B 77/00 P ,  H01F 31/00 501 K
F-Term (3):
3G019KC02 ,  3G019KC05 ,  3G019KC10
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2)

Return to Previous Page