Pat
J-GLOBAL ID:200903005153315180

性感帯開発鍛練具

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004132205
Publication number (International publication number):2005288079
Application date: Mar. 31, 2004
Publication date: Oct. 20, 2005
Summary:
【目的】 腟内の性感帯と陰核の性感帯とを同時に刺激することが出来るようにして、両者を同時にまた相乗効果的に開発・鍛練し得るような性感帯開発鍛練具を提供する。【構成】 腟内に挿入可能な挿入部と、この挿入部の根元から陰核方向に湾曲する橋絡部と、この橋絡部の先に設けられ陰核に当たる面が柔軟な素材から成る指圧部と、から成る性感帯開発鍛練具とした。なお前記挿入部の内部に、および/または前記指圧部の内部に、バイブレータが設けられているものとすることが出来る。【選択図】 図1
Claim (excerpt):
腟内に挿入可能な挿入部と、この挿入部の根元から陰核方向に湾曲する橋絡部と、この橋絡部の先に設けられ陰核に当たる面が柔軟な素材から成る指圧部と、から成ることを特徴とする性感帯開発鍛練具。
IPC (2):
A61H19/00 ,  A61H23/02
FI (3):
A61H19/00 ,  A61H23/02 332 ,  A61H23/02 344
F-Term (11):
4C074AA01 ,  4C074BB05 ,  4C074CC01 ,  4C074DD01 ,  4C074EE01 ,  4C074EE04 ,  4C074FF01 ,  4C074FF05 ,  4C074FF09 ,  4C074GG01 ,  4C074HH02
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (2) Cited by examiner (2)

Return to Previous Page