Pat
J-GLOBAL ID:200903005157261158

ネット材の接続部構造およびネット材の接続方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 藤本 英夫
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000046344
Publication number (International publication number):2001234539
Application date: Feb. 23, 2000
Publication date: Aug. 31, 2001
Summary:
【要約】【課題】 植生マットを形成する可撓性を有するネット材の接続強度を高くすると共に、施工が容易であるネット材の接続部構造およびネット材の接続方法を提供する。【解決手段】 植生マット1を形成する可撓性を有するネット材2を接続する接続部において、前記ネット材2の端部に形成された張り出しネット2a,2bを重ね、その重ねられたネット2a,2bを周囲に巻き付けることにより摩擦によってネット2a,2b同士の接続を保持する棒体15と、この棒体15にネット2a,2bを巻き付けた状態でネット2a,2bおよび棒体15を周囲から握持する握持片17とを有する。
Claim (excerpt):
植生マットを形成する可撓性を有するネット材を接続する接続部において、前記ネット材の端部に形成された張り出しネットを重ね、その重ねられたネットを周囲に巻き付けることにより摩擦によってネット同士の接続を保持する棒体と、この棒体にネットを巻き付けた状態でネットおよび棒体を周囲から握持する握持片とを有することを特徴とするネット材の接続部構造。
IPC (2):
E02D 17/20 102 ,  E02B 3/12
FI (2):
E02D 17/20 102 B ,  E02B 3/12
F-Term (3):
2D018DA06 ,  2D044DA12 ,  2D044DB01

Return to Previous Page