Pat
J-GLOBAL ID:200903005186116833

CAD/CAM装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 高田 守
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1993012385
Publication number (International publication number):1994222822
Application date: Jan. 28, 1993
Publication date: Aug. 12, 1994
Summary:
【要約】【目的】 削り残しを生じない加工パスを生成する。【構成】 オフセット部13は、前回のオフセット曲線を工具切り込み量rだけオフセットして新たなオフセット曲線を作成する。コーナループ付加部14は、新たなオフセット曲線のコーナ部分の図形要素にループを付加する。加工パス判定部17は、新たなオフセット曲線およびコーナループを付加した図形要素に基づいて今回の加工パスを生成する。【効果】 工具切り込み量rが大きいときでも、コーナ部での削り取りが完全に行なわれ、削り残しを生じなくなる。また、加工時間を短縮できる。
Claim (excerpt):
加工形状を定義する図形データに基づいて加工パスを生成するCAD/CAM装置において、前回のオフセット曲線を工具切り込み量rだけオフセットして新たなオフセット曲線を作成するオフセット手段と、その新たなオフセット曲線のコーナ部分の図形要素にループを付加するコーナループ付加手段と、前記新たなオフセット曲線およびコーナループを付加した図形要素に基づいて今回の加工パスを生成する加工パス生成手段とを具備したことを特徴とするCAD/CAM装置。
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)
  • 特開昭64-075889
  • 特開昭63-171631

Return to Previous Page