Pat
J-GLOBAL ID:200903005376432740

共通アノード受動マトリクス有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイ、そのための駆動回路、その有機発光ダイオードをプリチャージするための方法、および配置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (6): 深見 久郎 ,  森田 俊雄 ,  仲村 義平 ,  堀井 豊 ,  野田 久登 ,  酒井 將行
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2004128524
Publication number (International publication number):2004341516
Application date: Apr. 23, 2004
Publication date: Dec. 02, 2004
Summary:
【課題】共通アノード構成で配置される大型スクリーンOLEDディスプレイで使用するのに好適なプリチャージ回路を提供する。【解決手段】OLED素子の固有のキャパシタンス特性COLEDを克服するために共通アノード受動マトリクス大型スクリーン有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイ装置の駆動回路内に組込まれるプリチャージ回路であって、第1のプリチャージ回路は、所望の「オン」時間の直前に所与のOLED素子のカソードにプリチャージ電圧を印加するために、通常の駆動回路内に組込まれるMOSFET素子を含んで、COLEDを急速に克服すると共に、第2のプリチャージ回路は、通常の駆動回路内に、所望のオン時間の直前に所与のOLED素子のアノードを正の電圧に接続しつつ、同時にカソードを接地接続する方法を含んで、COLEDを急速に克服する構成とする。【選択図】図3
Claim 1:
アノードおよびカソードを有する少なくとも1つのOLED(112)を含む共通アノード受動マトリクス有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイのための駆動回路であって、前記OLED(112)の前記カソードは第1の電流源(116)および第1の切換手段(118)に直列に結合され、前記駆動回路は前記切換手段(118)を閉じる前に前記少なくとも1つのOLED(112)をプリチャージするための手段を含む、共通アノード受動マトリクス有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイのための駆動回路。
IPC (4):
G09G3/30 ,  G09G3/20 ,  H05B33/14 ,  H05B33/26
FI (8):
G09G3/30 J ,  G09G3/20 611H ,  G09G3/20 612T ,  G09G3/20 621F ,  G09G3/20 623R ,  G09G3/20 623Y ,  H05B33/14 A ,  H05B33/26 Z
F-Term (16):
3K007AB18 ,  3K007BA06 ,  3K007CC00 ,  3K007DB03 ,  3K007GA00 ,  5C080AA06 ,  5C080BB05 ,  5C080CC03 ,  5C080CC06 ,  5C080DD05 ,  5C080DD08 ,  5C080EE29 ,  5C080FF12 ,  5C080HH09 ,  5C080KK34 ,  5C080KK35
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 米国特許第6,323,631号明細書
Cited by examiner (5)
Show all

Return to Previous Page