Pat
J-GLOBAL ID:200903005472649547

輪郭補正回路

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 岩橋 文雄 ,  内藤 浩樹 ,  永野 大介
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2006087034
Publication number (International publication number):2007266810
Application date: Mar. 28, 2006
Publication date: Oct. 11, 2007
Summary:
【課題】映像信号の高域成分を強調し、映像の輪郭を補正する輪郭補正回路に関して、乗算器などを使用する事なく、従来に比べ輪郭補正を大きくかけること。【解決手段】遅延回路2と、輪郭補正信号生成回路3と、逆ガンマ補正回路4と、加算器5とを備え、ガンマ補正された映像信号を逆ガンマ補正回路4で元にもどしてから輪郭補正信号生成回路3で輪郭補正信号を生成し、遅延回路2で遅延補償されたガンマ補正された映像信号と、輪郭補正信号を加算器5で加算する事により、輪郭補正を大きくかける事ができる。【選択図】図1
Claim 1:
ガンマ補正された映像信号を入力し、逆ガンマ補正する逆ガンマ補正回路と、 前記逆ガンマ補正回路の出力信号を入力し、輪郭補正信号を生成する輪郭補正信号生成回路と、 前記ガンマ補正された映像信号を入力し、所定時間遅延し出力する遅延回路と、 前記輪郭補正信号生成回路の出力信号と、前記遅延回路の出力信号を入力し加算し出力する加算器とを備えたことを特徴とする輪郭補正回路。
IPC (2):
H04N 5/208 ,  G06T 5/00
FI (2):
H04N5/208 ,  G06T5/00 100
F-Term (25):
5B057BA28 ,  5B057CA08 ,  5B057CA12 ,  5B057CA16 ,  5B057CB08 ,  5B057CB12 ,  5B057CB16 ,  5B057CE11 ,  5B057CH07 ,  5B057CH08 ,  5B057CH18 ,  5B057DA16 ,  5B057DB02 ,  5B057DB09 ,  5B057DC16 ,  5B057DC22 ,  5C021PA17 ,  5C021PA42 ,  5C021PA53 ,  5C021PA66 ,  5C021PA76 ,  5C021RB08 ,  5C021RC06 ,  5C021XA34 ,  5C021XB03
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • 輪郭補正回路
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平5-083082   Applicant:松下電器産業株式会社
  • 特開昭61-270992
  • 特開昭62-154892
Cited by examiner (2)
  • 特開昭61-270992
  • 特開昭62-154892

Return to Previous Page