Proj
J-GLOBAL ID:200904000686618497  Research Project code:2520 Update date:Oct. 07, 2013

iPS細胞を用いたヒト疾患モデルマーモセット作製法の確立

Study period:2008 - 2013
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
サル類のES細胞はキメラ個体形成能力を持たないため、ES細胞を用いた遺伝子改変疾患モデルの作出は実現していません。iPS細胞は再生医療に重要な役割を果たすだけではなく、ES細胞に代わって発生工学の重要なツールとなると考えられます。本研究によってiPS細胞を用いて、よりヒトに近いサル類のヒト疾患モデル動物が作出されれば、再生医療技術の臨床開発において精度の高い有効性・安全性の評価が可能になると期待されます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page