Proj
J-GLOBAL ID:200904004303845857  Research Project code:2957 Update date:Oct. 07, 2013

ダイナミクスを考慮した膜蛋白質の構造モデリング法の開発

Study period:2007 - 2010
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
膜蛋白質は薬物ターゲットの大多数を占めるため、その立体構造情報は非常に重要である。近年X線構造解析により、構造が決定されるようになってきたが、解像度が低い、膜蛋白質複合体の立体構造が解かれていない、脂質分子との相互作用が明らかでない等の構造解析における困難が依然として存在する。本課題では、これらを克服するために、蛋白質データベースを用いた統計解析(バイオインフォマティクス的手法)と、物理化学的ポテンシャル関数を用いた分子シミュレーションを組み合わせて、ダイナミクスを考慮した膜蛋白質の構造モデリング技術の確立を目指す。
Research program: バイオインフォマティクス推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page