Proj
J-GLOBAL ID:200904008441336225  Research Project code:2517 Update date:Oct. 07, 2013

任意細胞の樹立法開発

Study period:2008 - 2011
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
再生医療を行う上で、移植する細胞を患者自身の体細胞から直接誘導できれば、治療を受けるまでの時間は大幅に短縮され、拒絶反応の心配も無くなります。人工的に細胞の性質を変えるためにはいくつかの遺伝子をセットで作用させることが必要ですが、そのセットを決められる方法がないため、どれを作用させればいいのかわかりませんでした。この研究では、iPS細胞の作製技術を応用することで遺伝子セットを決める方法の開発を行います。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page