Proj
J-GLOBAL ID:200904009397243660  Research Project code:1468 Update date:Oct. 07, 2013

哺乳類人工染色体の開発と個体の形質転換への利用

Study period:1997 - 2002
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ヒト21番染色体に由来しCENP-B boxの存在するI型アルフォイド配列を50-100kb有するYACやBACをヒト培養細胞HT1080に導入して、細胞分裂周期を通じて安定に維持継承されるミニ人工染色体(HAC or MAC)を形成する方法を確立した。HACに本来の制御領域を持つ巨大な遺伝子を組み込み、正しい制御下で発現させることに成功した。HACをマウス胚性幹細胞に移入し、この胚性幹細胞を用いてHACを持つキメラマウスを作出した。HACは哺乳類細胞や個体に使用しうる挿入容量が高く安定維持可能なベクターとして機能することを明らかにした。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page