Proj
J-GLOBAL ID:200904014203772971  Research Project code:2323 Update date:Oct. 07, 2013

強磁性絶縁体超薄膜を用いた新規スピントロニクスデバイスの創製

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
現在問題となっているIT機器の消費電力の問題を解決するには、不揮発性を有するスピントロニクスの活用が有望です。中でも、強磁性絶縁体超薄膜を用いたトンネル素子は、アップスピン電子とダウンスピン電子をより分ける働きを持つため、「スピンフィルター」と呼ばれます。このスピンフィルターと半導体テクノロジーを融合し、省電力性に優れた新規スピントロニクス素子の開発を目指します。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page