Proj
J-GLOBAL ID:200904018118472395  Research Project code:1354 Update date:Oct. 07, 2013

光・電子波束制御エンジニアリング

Study period:1999 - 2004
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
フェムト秒パルスの持つ振幅・位相情報を、物質中に生成された量子波束の振幅・位相情報に転写し、またその逆の動作も可能とするデバイスの原理を実証した。これにより、光の運ぶ位相情報を一時的に保持する光メモリあるいは光バッファとしての応用が期待される。具体的には、フェムト秒プログラマブル位相制御光源とフェムト秒位相分光法の開発を行い、有機分子や量子構造半導体中での量子波束制御を試みた。また、波束制御に最適な多準位遷移評価用非対称量子井戸材料の設計と試作も行った。これら波束制御のための要素技術を単に「できる」技術から「使える」技術への実用化にもつなげた。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page